コーチングサミット2018とは



2018年7月14日(土)、この日、全国のプロフェッショナルコーチが集結し、東京に特大のコーチング空間が登場します。総合プロデューサーは世界的科学者の苫米地英人博士です。



苫米地博士は、科学者の立場で「人間の脳」の解明に取り組み、その研究成果を「コーチング」として世に送り出してきました。コーチング理論の建て付けから、コーチ育成、ビジネス展開まで、世界のコーチング市場を牽引する権威的存在でもあります。そのため、博士がセミナーを開けば、その教えを乞いに世界有数のプロフェッショナルコーチが海を越えて集まってくる、という状況です。




そんな苫米地博士ですが、プロコーチ向けに限定的に講義をすることはあっても、時間的な制約などから、一般向けに大規模な講演をすることは滅多にありません。そのため、私たちが博士のお話を直接に聴くチャンスは、今のところコーチングサミットだけで、この度のコーチングサミット2018では、「次世代コーチング」を私たちに向けてレクチャーすることが決まっています。大変に貴重な機会となりますので、当日の特別講演は必聴です。



また、苫米地博士の講演が聴けるだけでもスゴイことですが、コーチングサミット2018では、プロコーチ達による基調講演一般講演が予定されており、魅力的なラインナップが集結しています。さらにブースエリアもあり、普段はなかなか会うことのできないプロのコーチに、一対一で個別に相談することもできます。



この貴重なコーチングサミット2018に私たちが参加する理由は様々でしょう。人生のパートナーに出会うため、生き方を見つめ直すため、夢をかなえるため、人生を加速させるため、IQを高めるため、、、。



理由は様々でも、参加には2つのスタイルがあります。



一つは、渡り鳥のスタイル。渡り鳥は、目的地を目指して、只ひたすら飛び続けます。雨が降ろうが、風が吹こうが、明確な目標にたどり着くまでは、自分の体が傷ついても止まりません。そんな情熱あふれる方には、コーチングサミットは巨大な武具倉庫となります。人生のゴール達成を支えてくれるコーチやノウハウが揃っていますので、一式全てを調達してください。



もう一つは、タンポポの綿毛のスタイル。タンポポの綿毛は、どこに根を張るのかは、すべて風任せ。目標はあっても、その過程は偶然に委ね、何が起きても全てを受け入れることができます。そんな自然体の方には、コーチングサミットは自分の未来を映し出す鏡です。何気ないコーチとの触れあいで、まだ見ぬ自分に出会うことができるでしょう。



どちらのスタイルで参加しても、コーチングサミット2018はあなたの人生で必要な時間です。もちろん、あなた独自のスタイルで参加し、全く新しい楽しみを発掘していただいても構いません。



そこには、参加できた方だけが手にできる新しい未来があるのです。